女性の冷え対策

女性の冷え対策人間は、体温が下がると免疫力も低下します。

女性においては、冷えることで、まず手足の血行が悪くなり、リンパが滞ってむくみやすくなります。次いで、内臓が冷えることで代謝が低下し、太りやすくもなります。脂肪の付いたところは触ると冷たいので、悪循環スパイラルに陥ります。下腹部が冷えてくると子宮も冷えるので、ホルモンバランスも乱れやすくなります。妊娠を望む方は元より、冷えは女性にとって大敵です。

寒い外と温かい室内の寒暖の激しさに自律神経が乱れ、首・肩がコリ、だるくなることも出てきます。また、寒い季節、こわばりはじめる身体が急な動きについてゆけず、若い女性でもぎっくり腰になることがあります。

ご自身で出来るケアとしては、まず、冷やさないよう心がけ、温まることです。手足だけ冷たい末端冷え性の方は、交感神経優位(緊張が高い)状態なので、指先や足先に、温まる感覚を自覚させ、リラックスすることが大切です。太ももやわきの下などに手を入れ、ゆっくり呼吸をするだけでも、じんわり温まってくるはずです。手と足は連動しているので、どちらかが温まれば大丈夫です。また、首は冷やさないように心がけましょう。

脚を冷やさない一番の方法は、歩く事です。筋肉量の少ない女性は戻す力が弱いので、滞った血液が静脈瘤を形成することもあります。ふくらはぎの筋肉を使い、ポンプの働きで末端から血液を送り返すことで、巡りを良くしましょう。たいけい・さんいんこう といった冷えに効くツボを刺激(お灸)するのもよいでしょう。ただ、布団に入る際に脚が冷えるからと靴下をはくのはよくありません。足裏の体温調節機能が働かず、余計に足を冷やす結果になってしまいます。湯たんぽのような自然と温度の下がるものを就寝前に入れて温めておき、布団に入ったら外すように利用するのが良いでしょう。

また、下半身に送る 血液の温度を高く保っておくために、お腹を温めることもお勧めします。その際、きつめの下着はつけないで下さい。締めすぎると血行を阻害します。冷えは内臓からもケア出来ます。ショウガや根菜等、身体を温める食材をとって中から温めましょう。また、適度な運動をし、筋肉がつけば基礎体温も上がります。

ビレイ整骨院では、よもぎ座浴で内臓から温め、発汗してもらった後、施術を行い、筋肉運動も行っていきます。何度かご来院頂き発汗を繰り返すと、体質も変わり、運動効果も高まり代謝も上がって、冷えが改善されていきます。

  • ビレイ facebook