自宅で出来るセルフリンパマッサージ

自宅で出来るセルフリンパマッサージまずは湯上りに、なるべく全身鏡で、裸のまま、ご自身の身体をチェックします。体重ではなく、ラインのチェックを行い、ご自身の身体の状態を把握します。

体重はそれぞれの年齢や骨格によって異なるので、身長だけでベストの状態は決めらません。朝夕、食事によっても変化大です。体重を減らすことだけに気をとらわれず、全体的なラインを気にするよう心掛けましょう。

女性はホルモンのサイクルによっても、ラインが変わります。生理前は張った感じになるので、太ももや二の腕は確実に太くなります。また、内臓の状態によっても、下腹部が出たり、胸が張ったりと変化していきます。

年齢と共に重力には逆らえないようになってくるものですが、理想に近づける為に「正しい位置に肌を流す」だけでも、毎日続ければ効果はあります。理想のラインまで、筋肉を流してポジションを覚えさせていくマッサージ法として、院では骨や筋にもアプローチしますが、これを我々は、「パーツポジショニング」と呼んでいます。

ボディーローションや、クリームを塗る際に、下から上、後ろから前と、リンパの流れに沿って 正しい位置にパーツを持ってくるように擦っていきます。胸なら、出来るだけ背中よりの脇の下に手を入れ、胸を寄せるように、丸く鎖骨まで、下のラインは持ち上げるように同じく丸く、胸を寄せるように擦ってマッサージしていきます。

ふくらはぎや、太ももも、下から上へ。 両手で筒状に添えて3指で流すようにマッサージしていきます。
ウエストは、骨盤の淵 を通って そけい部リンパ(コマネチライン)までもっていきます。強い力はかけなくていいので、肌を持っていくイメージでマッサージをしてみて下さい。リンパの流れも良くなるので、身体は軽くなります。いずれもラインをチェックしながら行うことで、プラスワン効果もあります。

いつもより調子がいいなと思ったら、維持のタイミングです。また、毎月、生理が終わった頃が、身体も絞め時です。ベストコンディションにもっていきましょう。たくさん眺めて、ご自身の身体を褒めてあげることも、大切です。

  • ビレイ facebook